topics

2014.06.10
WEB_ 蒼穹舎2014-2.jpg

ギャラリー蒼穹舎にて7月7日(月)より個展 東北2「雪・青森」を開催します。

2014年7月7日(月)から 7月20日(日)の期間、ギャラリー蒼穹舎で個展ー東北2「雪・青森」を開催します。2011年〜2012年、冬の青森撮影行から。

2013.07.15

DNPのアート情報サイト artscape に、飯沢耕太郎氏による 個展 「東北」のレビューが掲載されました。

http://artscape.jp/report/review/10089365_1735.html

2013.05.30
蒼穹舎2013topics用2.jpg

ギャラリー蒼穹舎にて6月10日(月)より個展「東北」を開催します。

6月10日(月)から6月23日(日)の期間、ギャラリー蒼穹舎で個展「東北」を開催します。「リフレクション展」で展示初出となった「東北」シリーズ第2編です。2009年〜2011年の撮影行から、青森県津軽地方、下北地方、岩手県内陸北部、秋田県内陸部、の写真を25点前後展示する予定です。アサヒカメラ6月号掲載の写真は、この新作からの抜粋です。展示にて全編をご鑑賞いただければ幸いです。

2013.05.20
_DSC6619.jpeg

アサヒカメラ6月号に「東北」シリーズ新作が掲載されました。

アサヒカメラ6月号(5月20日発売)のグラビアページで8ページにわたり「東北」シリーズ新作が掲載されました。

アサヒカメラ6月号に「リフレクション展」の展評が掲載されました。

またアサヒカメラ同号の「展評’13」のページで、私が参加した「リフレクション展」が取り上げられています。評者は「リフレクション展DIVISION-1/M-2池田葉子×山方伸」のトークナビゲーターをお願いした東京国立近代美術館客員研究員・小林美香さんです。

2013.03.16
フライヤー.jpg

Place M & M2 gallery にて開催される写真展「リフレクション」に参加致します。

Place M & M2 gallery にて開催される写真展「リフレクション」(湊雅博氏企画)に参加致します。
期間中2会期に渡って開催されるこの企画展で、坂本はDIVISION-2 【会期 2013年4月9日(火)~4月21日(日)】 M2galleryで榎本千賀子さんとの展示となります。2009年から撮影を進め参りました、東北地方の家のシリーズをこの展示から発表して参ります。また会期中の4月20日(土)17:00より、歴史社会学の専門で東北研究をされている山内明美さんをゲストに迎え、出品作家2名とのトークショーもあります。お誘い合わせの上ご来場いただければ幸いです。

この写真展全体の詳細情報は、「リフレクション」展のサイトでご覧いただけます。
http://reflection.mmproj.com/

「リフレクション」展にむけて寄稿していただいた、日高優さんのテクストも展サイトにてご覧いただけます。

2011.09.05
日本カメラ2011.10月号.jpg

日本カメラ10月号で作品が掲載されます。

2011年9月20日発売の日本カメラ10月号にて、6月に開催した「フウケイ展(DIVISION-2)」に出品した新作シリーズ「武蔵野」が6ページ(掲載作品6点)に渡り掲載されます。「武蔵野」は多摩川の扇状地を基盤とした東京西部から埼玉にかけての地域ですが、私が生まれ育ち、現在も住み続ける場所です。東北の写真を撮り始めてから2年、そして今年の震災を経験し、自分の興味はその場所の風土へと向いています。自分の生きている土地の風土など、東京暮らしの自分の意識に昇る事は今までありませんでした。東北では家がモチーフですが、武蔵野では低木や草木です。作品制作では初めて6×6を使っています。6月の展示に来られなかった方も、この機会に是非ご高覧いただけると幸いです。

2011.04.26

2011年6月3日(金)〜21日(火)アップフィールドギャラリー企画展「フウケイ」に参加します。


フウケイ.jpg
アップフィールドギャラリー企画展「フウケイ

DIVISION-1 2011年5月13日 (金)〜5月31日(火)
畔柳寿宏相馬 泰中村綾緒山方 伸
12:00〜19:00 会期中無休
オープニングレセプション 5月13日 (金) 18:00〜21:00
ギャラリートーク 5月21日(土)16:00〜
出品作家×藤村里美(東京都写真美術館学芸員)参加費¥500(ドリンク付き)

DIVISION-2 2011年6月3日(金)〜6月21日(火)
坂本政十賜 田中マサシ濱浦しゅう横澤進一
12:00〜19:00 会期中無休
オープニングレセプション 6月3日 (金) 18:00〜21:00
ギャラリートーク 6月11日(土)16:00〜
出品作家×藤村里美(東京都写真美術館学芸員)参加費¥500(ドリンク付き)

デレクター/湊雅博

2011.03.18
3月11日、東北関東地方で大震災が発生しました。新年のごあいさつでアサヒカメラ2月号に「東北」のシリーズ掲載のご案内をした3ヶ月後、東北地方がこのような災害に見舞われるとは、想像だに出来ませんでした。昨年の秋、岩手県へ撮影に出た際、三陸も1日だけですがロケハンしました。当初三陸まで足を伸ばす時間がなく、次回にと思っていたのですが、その日雨に降られてしまい、撮影予定地だった二戸は既に見ていたので、撮影できないのなら、まだ見た事のない三陸の風景を見ようと、宮古から釜石まで車を走らせました。独特の匂いのする場所で、強い印象をもたらしました。来年必ず来ようと心に決めて、宿泊地である遠野まで抜けました。しかし、あの風景を見る事はあれが最後になりました。自分にとって風景とは、大自然が織りなすそれではなく、人々の営みと風土が作り上げた時間の積層なのだ、ということを強く実感しました。風景が失われるという事は、そこに脈々と流れ続いてきた人々の営みが失われたという事です。私自身大変ショックな現実であり、動揺しております。友人知人にメールをして、気持ちの整理を計っています。あの日以降、「東北」という言葉に「震災」という特別な文脈がついてしまったのだろうと思います。2009年から本格的に撮影を始めた東北地方の風景。2年の撮影の間、様々なことを私に気づかせてくれた東北という場所に、今後も写真家として向き合って行こうと思います。1週間の時間を経てそのような覚悟を感じるようになりました。今後、東北地方の何を見て行くのか私自身まだ解りませんが、とにかく足を運ぼうと思います。そこで感じたものを写真にしようと思います。最後になりましたが、被災者の方々に心よりお見舞い申し上げます。そして亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

2011.01.01
アサヒカメラ2011.2月号.jpg

アサヒカメラ2011年2月号(1月20日発売)に、新作「東北」がカラーグラビア8ページにわたって掲載されます。

一昨年、ジュンク堂新宿店にて展示した「青森の家」に続く写真です。
是非ご高覧ください。

2009.09.01
08チラシ.jpg

9月1日(火)〜10月31日(土) ジュンク堂書店新宿店8Fカフェ にて写真展「青森の家」を開催します。

2002年、青森の木造家屋を撮影したシリーズの中から、「青森の家」として10点の写真を展示します。
今年の夏、7年ぶりに撮影を再開したシリーズで、今後発表していくことになると思いますが、そのきっかけとなった写真です。
新宿にお立寄りの際は、ぜひ足を運んでみてください。
ジュンク堂書店新宿店8Fカフェ
営業時間11時〜21時(ラストオーダー20時30分)

※カフェでの展示となりますので、ドリンクのオーダーが必要となります。ご了承下さい。また、カフェでは定期的にトークセッションなどのイべントが開催されます。その際は、写真のご観覧は出来ませんので、その点もご了承ください。トークセッションの情報はこちら

  2009.8.22

阪根正行氏による「ギャラリートークダイジェスト版」がアップされました。

今年5月にアップフィールドギャラリーで開催された、LAND SITE MOMENT ELEMENT / DIVISION-1(坂本政十賜×山方伸)の会期中に、阪根正行氏をゲストに迎えたトークショーの中で、阪根氏が坂本作品(UNDER THE SUN)を解説した部分を、自身のブログにて「ギャラリートークダイジェスト版」としてアップしています。
フレーミングやモチーフといった画面の構成要素を解析し、写真の構造分析をしています。阪根さん自身も述べてますが、写真の見方を強要するものではありません。ただ、単にひとつの物の見方を提示するということ以上に、坂本作品が確実に内包している要素を指摘し浮かび上がらせている解説になっています。写真や図版を用いた解りやすい解説です。ぜひご参考ください。ご覧になりたい方はこちら。http://d.hatena.ne.jp/m-sakane/20090521

  2009.8.7

2007年川崎のブックショップPROGETTOで展示した「空間=風景」のシリーズをPortfolioにアップしました。

2007年川崎ラチッタデッラ内にあるブックショップPROGETTOの店内での個展「空間=風景」から、2003年に開催された第3回世界水フォーラムの会場風景を撮影したシリーズをPortfolioにアップしました。この写真は雑誌「JAPAN+ (時事画報社)」の取材で撮影されたもので、本誌に使用されなかったカットを含め9点を展示し、今回さらに2点を追加し11点の写真をアップしました。会場となった国立京都国際会館の建築内観と、そこに集う人々の織りなす風景をお楽しみ下さい。

  2009.4.20
日本カメラ2009.5.jpg

日本カメラ5月号に作品が掲載されました。

5月15日(金)から開催の展覧会に出品する作品の中から、5点掲載されています。
2008年に東京の風景を撮り下ろした、新作を発表します。ご覧いただければ幸いです。

  2009.4.1
LAND SITE~.jpg

5月15(金)〜6月2日(火)展覧会を開催します。

アップフィールドギャラリー企画展「LAND SITE MOMENT ELEMENT」に参加いたします。この展覧会は、2007年「記憶の位相」展、2008年「Invisible moments」展に続く3回目のギャラリー企画展で、今年は8名の作家が参加し、3会期に分かれて展示いたします。私は山方伸氏との2人展を1会期目、上記の日程で開催致します。私は東京の風景をカラーで、山方氏は地方の風景をモノクロで撮影し、と一見対象的な二人ですが、風景に対するまなざしは、どこか共通するものがある、そんな展示になる予定です。また会期中の5月23日(土)16時から、阪根正行氏を迎えて、ギャラリートークを行う予定です。自身のブログ等で様々なジャンルを芸術という観点で評論し続ける阪根氏による、作品解説と、氏を交えての3人のトークを展開する予定です。なお展覧会の詳細の情報はこちらをご覧下さい。